全日空の特割

着陸体勢の飛行機

全日空の特割

激安航空券とかPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCとかの参入で、航空券がおトクに買える時代に突入して成熟期に入ってきています。大手航空会社も早期予約割引を積極的に導入して勝負をかけています。例えば、全日空ANA航空券の場合は、「旅割」があります。日本航空JAL航空券は「早得」というネーミングです。今回は【全日空の特割】について迫ります。

特割とは?

予定日入りのカレンダー
一般的に格安航空券といいますと、旅割シリーズに代表されるような早期割引をイメージしがちです。ですが、直前になってもおトクな運賃が適用できます。もちろん座席数に制限がありますが、できるだけ航空会社も空席をなくして飛ばしたほうが効率がいいのです。空席のまま飛行機を飛ばしても、そこからはお金が入ってきません。それならば、安くしてでもお金が入ってくるほうがいいわけです。

これの極端な例がLCC(格安航空会社)です。大手航空会社は、そこまで投げ売り的な料金を出しません。ですがノーマルと比較するとおトク感があります。全日空の特割は、搭乗する日にちの3日前の予約・購入が条件でおトクな航空チケットを提供するサービスです。一部の路線は前日まで受付しています。トクにビジネスユースでは使い勝手がいいでしょう。急な出張や突然の休みができて旅行に行きたい場合は、利用してみるといいですね。

最大はなんと約69パーセントもおトクな割引になります。

これならば、早期割引並みのおトク感でしょう。
例えば、特割3の場合は、3日前までで、特割1は前日まで、ご予約いただけます。幼児は対象外になり、満年齢で3歳以上のお客さまが対象となります。

特割シリーズは空席の予測に連動している運賃です。フライト後との空席予測数と予約日によって決まっている運賃の中から最安運賃を選びましょう。

予約日と支払期限に注意しなければなりません。
特割3の場合は、予約日が搭乗日の3日前までで、なおかつ支払期限が予約日を含めて3日以内です。
特割1の場合は、予約日が搭乗日の4日前までの場合は、支払期限がご予約日を含めて3日以内で、予約日が搭乗日の3日前から前日までは、支払期限が搭乗日の前日までとなっています。

いかがでしたでしょうか?

全日空の格安航空券は「旅割」が有名ですが、「特割」もあることを覚えておくといいですね。予約変更はできません。払戻もできますが、出発時刻前までにキャンセルしないと取消手数料は100パーセントになります。出発時刻前ならば、運賃の約5パーセント相当額が取消手数料ですみます。

  ← 前の記事:  
Copyright(C)2017 ANAをお手軽に?格安航空券を上手に使おう! All Rights Reserved.