ANAをお手軽に?格安航空券を上手に使おう!

着陸体勢の飛行機

新着情報

◆2017/05/24
ANAのWi-Fiサービスの情報を更新しました。
◆2017/05/24
旅割シリーズの情報を更新しました。
◆2017/05/24
全日空の特割の情報を更新しました。
◆2017/05/24
全日空の格安航空券やツアーの情報を更新しました。
◆2017/05/23
ANAの旅作の情報を更新しました。

全日空の格安航空券やツアー

最安値レベルの飛行機料金で日本各地を旅行できる時代になっています。ですがピークのときは無理ですね。オフの平日ならば激安で飛行機に乗れます。その中心になっているのは早期割引と呼ばれるものです。例えば全日空ANA航空券は「旅割」がそれです。日本航空JAL航空券は「早得」・スターフライヤーSFJ航空券は「そら旅」の設定があります。今回は【全日空の格安航空券やツアー】についてお話します。

全日空の国内線航空券のページ

全日空のオフィシャル・ウェブサイトにアクセスしてみると、ヘッダーの下にメインメニューがあります。左から、国内線航空券・国際線航空券・国内ツアー・海外ツアー・ANAマイレージクラブとなっています。ここでは、国内線航空券のページを選びます。左側には航空券の窓ができております。航空券のタブ・航空券+宿泊「旅作」のタブ・ホテルのタブ・レンタカーのタブになっています。ラジオボタンで往復がチェックされています。片道の場合は選択をしてください。

そして、出発地・到着地がプルダウンで選べるようになっています。行きと帰りの日付はカレンダーアイコンをクリックして選ぶようになっています。その下に搭乗人数を入力します。最後に、オレンジの「検索する」ボタンをクリックすれば該当の空席状況や料金がご覧いただけるシステムです。日本航空のサイトとほぼ同じ感じで利用できます。航空会社毎に違うと使い勝手が良くないです。

ユーザビリティーを追求した結果、同じようなものになったのでしょう。そして、その背景には最新の情報が数秒間隔で順番にみせてくれます。その下には「特別なお知らせ」があります。いわゆる、新着情報です。

整理されたデザイン

その下には3つに区分された横並びのゾーンがあります。ここで、航空券に関しての情報がすべて網羅されているようです。その下側が、今回のテーマである「旅割」のコーナーです。まずは、オススメの区間の旅割55の料金がピックアップされています。ドル箱路線の、東京から札幌・東京から福岡・東京から沖縄・東京から大阪があります。それ以外の方面は「おトクな運賃のご案内」のブルーボタンをクリックします。すると旅割シリーズのそれぞれが選べるような画面に推移します。

いかがでしたでしょうか?

全日空の国内線のサイトのメインは旅割シリーズです。格安航空券をゲットするならば、まずここからスタートすることになります。お得な航空チケットを探しているならば、一度チェックしてみましょう。

Copyright(C)2017 ANAをお手軽に?格安航空券を上手に使おう! All Rights Reserved.